0742-37-8880
開局時間:
9:30~18:30(月・火・木・金 )
9:30~18:00(土・日)
定休日:
毎週水曜、第4日曜、祝日

NEWS&COLUMN

2021年暮れ

コラム

今年もあと残すところ1日となりました。残念ながら新型コロナウイルスのオミクロン株の出現で第6波が危惧される年末年始となってしまいました。

でも古来より人はウイルスや細菌と戦い、共存してきました。これからもウイルスと共存するためには自分の防御能力を上げておくことが必要です。漢方を生活に取り入れることで病気を遠ざけることは可能だと思われます。

漢方の良さをこれからもお伝えしていきたいと思っています。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

秋の養生

コラム

1週間前までは暑いくらいだったのに、今週に入って急に寒くなりました。東洋医学の五行説では秋は「肺」の季節とされ、肺の機能が盛んになると考えます。肺はとてもデリケートな臓器で滋潤を好み乾燥を嫌います。しかしこの季節はだんだん寒くなって空気も乾燥してくるので、注意しないと肺の働きが弱くなってバリア機能を低下させてしまうことになります。その為、風邪をひきやすくなったり、咳や喘息、痰などの症状がでるのです。

自然界も暑い夏からだんだん涼しくなって冬に向かっていくこの時期は「陽」から「陰」に変わる時期です。人間も同じように陽が減って陰に傾いていくので淋しい気持になったりします。

この時期の養生としては早寝早起きをして、呼吸に意識を向けて時々深呼吸。大汗かくほどの運動は控えて潤いを与えてくれる食材や気の巡りを良くしてくれる「辛味」の食材をとりましょう。

体を潤すもの・・・白菜、レンコン、山芋、ゆり根、梨、ブドウなど                    辛味の食材・・・春菊、たまねぎ、ごぼう、里芋など                           気の巡りを良くしてくれるもの・・・グレープフルーツ、柚子、紫蘇、ワサビなどを献立に組み込んでみましょう。

 

 

良い眠りを手に入れる・・・日本抗加齢医学会総会に参加して②

コラム

最近「睡眠負債」という言葉がTVでも取り上げられたりしています。睡眠不足がもたらす悪影響は日中の眠気や パフォーマンスの低下・ヒューマンエラーの増加だけでなく長期的には様々な病気のリスクや症状を悪化させることがわかってきました。

最も危ないのは「睡眠不足」だとは自覚しておらず、休日に寝だめをして何とかやりくりしている人達です。週末に寝だめをするためその日は起床時間がお昼近くになり、体内時計のリズムが後ろにずれてしまいます。こうした人たちは日中眠気があるのに仕事から帰宅して夜半ごろになると目が冴えて眠れないといった状況を繰り返します。これは覚醒維持ゾーンが後退してしまったからです。

こうした乱れた体内時計を正しい朝型に直していくには起床後2~4時間後に自然光か窓際の光を浴びることです。目に自然光が入ることが大事で眩しいくらいの方向にまなざしを向けるのが効果的といわれます。この2~4時間が大事で起床後8時間経つと修正する効果はなくなります。

まだまだ残暑厳しく、熟睡できない状況ですが免疫機能を落とさないためにも睡眠をしっかりとることは重要。毎日の規則正しい就寝・起床の習慣は大事ですね。

糖尿病、アルツハイマー病予防にはお口をキレイに!・・・日本抗加齢医学会総会に参加して①

コラム

6月25日~27日まで京都国際会館にて日本抗加齢医学会総会が開催されました。コロナ禍においても徹底した感染対策をして多数の方が会場に参加されました。数多くの興味深い発表の中から毎日の生活に直結している事柄で印象深かったものをいくつか紹介していきたいと思います。

まず、表題にあるように最近、虫歯菌や歯周病菌が病気の原因になることがわかってきました。特に気になるアルツハイマー病においては歯周病菌が脳の海馬に住み着いて引き起こしているとのこと。アルツハイマー病では、アミロイドβというゴミのようなものが溜まってしまうのですが、そこにこの歯周病菌が分泌するタンパク質も溜まっていたというのです。つまり歯周病菌は血液に乗って脳までたどりつきそこで悪さをするのです。歯周病菌は歯と歯茎の間の歯周ポケットという空気も栄養もないところに潜んでいます。

糖尿病についても歯周病を治療すると改善するという事実が判明しています。どうやら歯周病というのは常に傷口が開いたままの状態、つまり口の中の小さな炎症であり、この炎症が継続していることが全身に影響して糖尿病が悪化するというのです。漢方薬でも口内炎や舌炎といった炎症を改善することはできます。

とにかく、ブラッシングやフロスを使って歯と歯肉をきれいにすることが重大な病気の予防に直結することは間違いないようです。

ウイルス感染症に負けない・・・日々の養生②やっぱり腸内環境が大事

コラム

ここ数年、腸管免疫という言葉が良く聞かれます。人体の最大の免疫器官は腸管です。

細菌やウイルスが侵入してくるとその最前線にあるのは、消化管の粘液層だそうです。この粘液が異物の侵入を防ぐために重要な役割を担っています。消化管の胃、大腸には厚い粘液層がありますが、免疫の主戦場である小腸はこの粘液層がとても薄いとのこと。また気道上皮も厚い粘液で覆われていますが、肺胞はガス交換をしなくてはならないため厚い粘液層がありません。現在の新型ウイルス感染症でも胃腸障害や、急速に肺炎が進んでしまうことがこのあたりと関係があるかもしれません。

この粘液層は腸内細菌叢と深い関りがあり、食物繊維の摂取不足がこの粘液層の低下を引き起こすそうです。人によって感染症状が異なるのも食生活が関わっているのかも。

そこで進んで摂りたいのがお腹の中で善玉菌の餌となる“高発酵性食物繊維”。次のようなものです。

*オリゴ糖を含む食材・・・玉ねぎ、きなこ

*レジスタントスターチを含む食材・・・長芋、山芋、玄米、あずき

*水溶性食物繊維・・・のり、ひじき、わかめ、昆布、きのこ類、ごぼう、にんじん、大根、フルーツ

世界的にみても最近の日本人の食物繊維摂取量は不足しているとのこと。焼き魚にわかめのお味噌汁、切り干し大根の焚き物。昭和のお食事がやっぱりいいんだと思います。

参考文献:アンチエイジング医学―日本抗加齢医学会 Vol.16No.3  050~061

 

 

 

 

 

ウイルス感染症に負けない・・・日々の養生①民間薬を活用する

コラム

現在、新型コロナウイルスが猛威を振るっていますが重症者が今までよりも多いことが気がかりです。何より感染しないことが大事です。基本的な予防対策は必須ですが、自分の免疫力をベストな状態にしておくことが重要です。

対策は色々ありますが、まず、取り入れやすいこととして私は、スイカズラの花(金銀花)、板藍根、決明子(ハブ茶)をたいてお茶として飲んでいます。中国では以前から板藍根をインフルエンザ流行の時期に予防として使われていました。こうした民間薬は長い間、民衆に使われて残ってきたわけですから効果は期待できると思います。実際、現場の医師の方々からもそうした情報が寄せられています。(文献 渡辺賢治 ウイルス感染症に対する漢方治療 アンチエイジング医学2020;16:331~335)

最近では利用する人も減ってきましたが日本にも昔からどくだみ(十薬)やゲンノショウコ、センブリなどの民間薬があります。あらためてその価値を見直してみたいと思います。

 

 

2周年

コラム

本日、さわらび漢方薬局はおかげさまで2周年を迎えました。昨年の1周年は緊急事態宣言がでた直後でした。1年たっても尚、新型コロナウイルスの勢いは収まらない状況です。

人は古来よりウイルスや細菌と戦って共存してきたわけですから避けて生活することはできません。あらためて自分の免疫機能をフル活動させて「邪」を追い払える身体づくりの大切さを実感します。漢方薬や古くから伝承されてきた民間薬も取り入れて元気な毎日を過ごせるようにお手伝いしていきたいと思います。

春分

コラム

昨年のコラムにも書いていますが今日は二十四節気の「春分」。この日を境に太陽の出ている時間が長くなっていきます。

陰陽五行説では陰陽転化といい陽の気が強くなっていきます。中医学では昔から私たちの身体も自然界の気候に合わせてバランスを保つと考えます。春は五臓のうちの「肝」の機能が盛んになり精神的な心の活動も上昇するのでやや興奮状態を招きやすいとされます。早めに寝て早く起き、ゆったりとした気持ちで過ごすことを心掛けるといいようです。

春の味は「酸味」といわれ「肝」に効くとされるので酢の物を食卓に用意するといいでしょう。ただ冷え性の人や虚弱体質のひとは少しひかえめに。

 

年の瀬に

コラム

今年もあと2日を残すところとなりました。

本当に今年は新型コロナウイルスの流行で、生活が一変しました。

現在も第3波で深刻な状況が続いています。
ワクチンについてはメドがたっていますが特効薬にはまだまだ時間がかかるでしょう。

感染症から身を守るためにも、漢方を取り入れて自分の抵抗力を落とさないようにすることはできます。
治療の最前線からも漢方薬を処方した実績が報告されてきています。今後も新たな報告が期待されます。

今年1年間ありがとうございました。
来年は1月4日から開局致します。年末年始の大寒波にご注意ください。

冬至

コラム

今日は二十四節気の冬至です。一年で最も夜が長い日ですがこの日を境に少しづつ日が長くなっていきます。

陰陽説ではこの日が陰がピークに達して陽に転じると考えます。
自然界の陽気が地下で動き始めるわけです。

日本ではゆず湯に入りかぼちゃを食べる習慣ですが、
中国では解毒の為にあずき粥を食べ、もち米団子を食べるそうです。(出典;中医薬膳学 辰巳洋著)

まだまだ寒いこの時期は五臓の働きを補いながら毒を取り除くという考えのようです。
体を温めて補うには穀類と松の実、ごま、くるみ、栗といった木の実やなつめがお勧めです。